ケミカルピーリングは使う薬剤もいろいろな種類があります

ケミカルピーリングは使う薬剤もいろいろな種類があります。現時点で、国内でよく使われているケミカルピーリングの薬剤はBHAとAHAだといいます。ケミカルピーリングで良く使われるAHAと言うのは、りんごやみかんなどに含まれている酸の一種で、フルーツ酸とも言われているものです。皮膚にかかる負荷が少なく、ケミカルピーリングができることがフルーツ酸の利点です。石けんやローションの中にもフルーツ酸は使われていますので、ケミカルピーリングと縁がない人でも見聞きする成分です。ケミカルピーリングに使うことが多い薬液にサリチル酸があり、これはBHAともいいます。皮脂に似た成分の為、ニキビ治療などにもよく使われています。BHAは、ケミカルピーリングにとても適した成分だとされています。刺激が強く、薬剤である酸が皮膚に浸透しすぎたりすると肌トラブルを起こすこともあり、日本ではあまり使われていなかったようです。この頃は肌を傷めないBHAが登場していますので、肌トラブルに陥ることなくケミカルピーリングがてきます。AHAやBHA以下いにも、ケミカルピーリングに使える薬剤は幾つかあるといいます。使う薬剤は、医療施設によって異なっています。ケミカルピーリングを受ける皮膚科や整形外科選びに際しては、その施設が取り扱っているケミカルピーリングの薬剤の種類も確認してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ